スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

森の中のゴリラのように@一七六八日目

 2011-04-13
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

ヒトの命が安息に生き、死に行ける世界を現すもの、
それは高貴な何かを求め、為そうとする信念の力です。
(出典 『聖戦士ダンバイン』 第35話)

そして、ヒトの先天的素質や個人的能力は、
一瞬の快哉や稚拙な興奮の為だけに浪費してはならず、
他者の善意を継承する礎としなければ、
歴史は我々の前に「愚行の堆積物」という姿しか見せない。
発進
・・・平成10年(1998年)9月11日午前8時46分
宮城県名取市植松錦田の(株)カメイ仙台空港SSにて、
某盆地からR48を県境越え、渋滞した仙台市内を横断してR4を南下した私は、
単価105円シェルプレミアム5.9L という納品書を受け取っていました。

森の中のゴリラのように@一七六八日目 の続きを読む

スポンサーサイト

儀式と称され結局は@一七七〇日目

 2011-04-15
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

そこに住むヒトにとっての「全て」が存在する筈の都、
それは絶えざる起点と見做せば離陸する為の「数秒」で、
着点と決め座していれば「動き去った物体」は一瞬の何かに過ぎないから、
それぞれの行為の舞台背景に理由や意味を浮かび上がらせず、
大抵は当座の目的を可能にする性能だけを求め、
実在の空間に対して「遊園地内居住という幻想」を抱き続ける。

この朝、自分に悪夢を観させる装置の影響を遮断し、
峠と市街地を後にした「80㎞」と「1時間」へ、
次の給油ポイント-福島県双葉郡双葉町新山字下条71梅田商店シェルまでの、
「100㎞」と「1時間」を繋ぐ個人的体験の前では、
意識すべき善悪や貴賤など判読できない交通標識のようなモノでした。

2年後の今日の事とか判らん@一七七一日目

 2011-04-16
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

次の給油ポイント-福島県双葉郡双葉町新山字下条71梅田商店シェルまでの、
「100㎞」と「1時間」を繋ぐ個人的体験の前では、
意識すべき善悪や貴賤など判読できない交通標識のようなモノでした。


しかし、この日の復路は、
野卑な夢想を忘れさせる地平に向かっていたのは間違い無く、
H(県道)38号線がトンネル内の電光掲示程には劇的な県境を示さないと、
福島県相馬市の松川浦大橋から鵜ノ尾岬トンネルこそが、
「外の世界」の更に外へと意識をリープする為の境界となったのです。

水遊びの季節が終わった松川浦と太平洋を貫く空と海の間には、
波の動きや音、磯臭い風、揚力を得た鳥の姿さえ捉えられず、
H74に合流する直前の信号でタコメーターが10%を指した時・・・

鋼の機体、野心を乗せて@一七七三日目

 2011-04-18
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

整備007
水遊びの季節が終わった松川浦と太平洋を貫く空と海の間には、
波の動きや音、磯臭い風、揚力を得た鳥の姿さえ捉えられず、

H74に合流する直前の赤信号でエンジン回転が10%に落ちた時ですら、
一瞬に全てを鳥瞰したかのような意識が前傾した頭蓋へと舞い戻るまで、
焦げたカストロールの香りと、乾式クラッチの金属音、
そして、第三京浜道路や西湘バイパスでは得られない波長の耳鳴りが、
長く埋められなかった空隙を予め備わった器官の如く循環していました。

その器官が、そう稼働する筈だった事を知らずに居られた理由、
これ以後、それを休まず機能させ続けなければならない意味、
ひとつの決意と洞察を伴う思考はリープした感覚に追い着けません。

何より今日の自らの行為の帰結にすら不遜だった頃・・・

此処は地の果て、流されて、俺@一七七四日目

 2011-04-19
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

080126.jpg
何より今日の自らの行為の帰結にすら不遜だった頃、
閉塞感に呵まれるヒトが誤解された利便性に慰められ、
小学校の指定通学路を逸脱できない生活圏に沈殿しつつ、
キッチュな観光施設のみ渡り歩きたがる類の価値観を、
自分の記憶を遡って向き合う感情の始まりへ、
対極反発させながらも重ねられるようになったのは、
この日のリープから約3年後、今から10年前の2001年の7月の事だったのです。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。