スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ボタンなど無いも同然だ@一五八七日目

 2010-10-13
記憶を辿って判る感情の始まりは、
どうやら殆ど不快に起因しているらしく、
突き詰めれば恥辱と向き合いそうなので、
俯瞰ぎみに斜め上から振り返ってみる。

カテゴリー<回想>に関係する話題ですが、
1995年以降 の今頃の出来事・・・

その続き

何らかの手段や 行為の手順 を知っていれば、
その目的や最終到達点は次第に絞られて、
個人的だとしても 理由意味 が、
舞台となった場所と費やした時間を背景に、
一般に共有可能な事として理解されるものです。

ただの未熟な個人では、
何でもできる訳でも、何をするのも許されている訳でもなく、
知り得た範囲の僅かながらの 可能な手順 を選択しなければならず、

たとえば盆地を展望する際、
「運動部の練習としての山登りで」
「友人らの車に乗せられて」
「他人を避け続けた結果」
それぞれの経緯が深く考えられる事はありません。

物理的に視界が開けたという認識を体験し、
自分の見知った地図と合致させようとした時から、
その場所に行った事の意味と理由について考えられるのです。

つづく
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://deepcollector.blog69.fc2.com/tb.php/1631-d1a66c30
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。