スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

力士がカレー屋で喧嘩@一六八九日目

 2011-01-24
幼少時から続く足許の不安は、自分自身の肉体的成長では払拭されず、
何かに追い立てられるような焦燥が近々小さくなる予感など皆無でした。


・・・しかし、
ただ目の前の現実が暗示している事だけでは、
ヒトの意識から軈て体現されるべき意志を汲み出せないという、
孤立した個人特有の確信が、90年代への強い原動力となっていました。

退屈を紛らわす為の偏執と、
1年前も1ヶ月後も選択の余地が無いかのような、
10年前も20年後も変わらないであろう頑迷固陋な風景を、
丁寧に作った自分用の牢屋なのだと認めようとしない抵抗力は、
テーブル筐体向こうの空間から持ち帰って来た新しい感覚だったのです。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://deepcollector.blog69.fc2.com/tb.php/1736-63383c8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。