スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

森の中のゴリラのように@一七六八日目

 2011-04-13
『回想』 再開→『回想Ⅱ』に入ります

ヒトの命が安息に生き、死に行ける世界を現すもの、
それは高貴な何かを求め、為そうとする信念の力です。
(出典 『聖戦士ダンバイン』 第35話)

そして、ヒトの先天的素質や個人的能力は、
一瞬の快哉や稚拙な興奮の為だけに浪費してはならず、
他者の善意を継承する礎としなければ、
歴史は我々の前に「愚行の堆積物」という姿しか見せない。
発進
・・・平成10年(1998年)9月11日午前8時46分
宮城県名取市植松錦田の(株)カメイ仙台空港SSにて、
某盆地からR48を県境越え、渋滞した仙台市内を横断してR4を南下した私は、
単価105円シェルプレミアム5.9L という納品書を受け取っていました。

ここからH(県道)20を西へ、H10に右折し海沿いを意識すると、
阿武隈川を渡った先でH38に左折、JR常磐線を右手に宮城から福島県、
松川浦手前の相馬港までは殆ど迷わず有料道路並みの環境で走り抜けられるのです。

空港の近くから始まる秘密の道程、隠された隘路、通勤車輌の行列に逆行する朝、
不愉快な昭和の擂り鉢から出た「外の世界」という山と海の間にも、
幼い自分が蟠っていた場所と同じような風景-
何かが通り過ぎた後は靴音しか跳ね返って来ない集落は幾つも連なって感じられました。

そこに住むヒトにとっての「全て」が存在する筈の都、
それは絶えざる起点と見做せば離陸する為の「数秒」で、
着点と決め座していれば「動き去った物体」は一瞬の何か・・・

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://deepcollector.blog69.fc2.com/tb.php/1815-62e956bc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。